*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


紅玉いづきさんの『MAMA』読み終わった、うりぼうです。

MAMA (電撃文庫 こ 10-2)MAMA (電撃文庫 こ 10-2)
(2008/02/10)
紅玉 いづき

商品詳細を見る






もう、彼女から生み出される物語の虜になりました。
大好き。
大好き。
大好き。












文章力の先生は私にとっては、奈須きのこ大先生。
物語の先生は、私にとっては、紅玉いづき大先生。

もう、このお二人から私が受けた衝撃は一生の宝物です。
特に、紅玉いづき大先生のお話は絶対に手放したくありません。
というか、同じ方の小説で涙流すて!!。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

ぶっちゃけると、『MAMA』に関しては、途中まで…

「んー、やはり処女作品のミミズクと夜の王超えは出来ないのかなぁ~」

なんて、とんでもなく失礼極まりない事を思っておりました。
というか、そんな事を思った自分をぶん殴ってやるっ!!(#゚Д゚) プンスコ!
紅玉いづき大先生の物語も、奈須きのこ大先生の物語も後半になってからが、とんでもなく化ける。
紅玉いづき先生に関しては、万人にオススメします。
奈須先生はね…ちょっと万人受けはしないと思うので、私からはオススメ出来ません。
好き嫌いが激しいと思うので(´ヘ`;)
というか、年齢がある程度達している方と、読解力がある程度ないときついと思うのですよね…。
ぶっちゃけ、私も何度も首をかしげてしまう箇所がありました。
概念とかが難しいのです。
難しいというか、専門的というか…オカルトの思想が入ってくるので…。

しかし、紅玉いづき先生はもう、万人にオススメする!!
電撃文庫だからと言って、毛嫌いするな。読め。(笑)
というか、電撃文庫から出版されておりますが、個人的には全然電撃らしくないと…。
むしろ、児童書向きなお話です。
女性に読んで欲しいですよ、今回の『MAMA』に関しましては…。

まだ『MAMA』しか読んでないのですが、これから『AND』を読もうと思います。
ああああああ~もう、本当に本をもっとたくさんたくさん読んでおけばよかった。
今更ながらに、本を読むことの面白さに気付くなんて…。

というか、本を読まないとそらSSもまともに書けないですよね…。
今までの自サイトの作品全部降ろしてやろうかしら…(苦笑)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















『久遠の絆 再臨詔 フルボイス版』

鍋売り

Author:鍋売り
現在の日記の内容は久遠の絆オリジンのプレイ日記主体で書かせていただいております。

現在の閲覧者数:
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。